新築注文住宅でルーフバルコニーをご検討されている方へ|ルーフバルコニーのメリットやデメリットとは?

こんにちは。

Passive Design Welcomehomeです。

千葉で新築注文住宅でルーフバルコニーをご検討方されている方はいらっしゃいませんか。

「ルーフバルコニーを設置したい。」

「ルーフバルコニーってどのようなメリットがあるのだろう。」

そこで今回の記事では、ルーフバルコニーのメリットやデメリット、特徴について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

□ルーフバルコニーとは?

バルコニーは、建物に張り出して設置された手すり付きの屋外スペースのことです。

一方で、ルーフバルコニーとは、階下の屋根部分を利用したバルコニーのことです。

通常のバルコニーよりも面積が広いことが特徴でしょう。

開放感や日当たりに優れているだけでなく、ガーデニング日光浴ができるといった活用法もあります。

 

 

□新築注文住宅でルーフバルコニーを設置するメリットやデメリットとは?

新築注文住宅でルーフバルコニーを設置するメリットやデメリットをそれぞれ解説します。

*メリット ライフスタイルが豊かになる

・友人を呼んでのバーベキュー

・家庭菜園

・日光浴

・洗濯物を干すスペースが増える

・子供の遊び場

・ペットの生活空間

リビングでは、ゲームやテレビばかりになりがちであっても、屋外であるルーフバルコニーなら会話も弾むでしょう。

 

*デメリット 屋根がないと洗濯物が濡れる

ルーフバルコニーの多くでは、屋根がありません。

そこで、洗濯物を干していて雨が降ると、濡れてしまいます。

一般的なバルコニーであれば屋根があることが多いため、多少の雨なら濡れません。

ルーフバルコニーを設置する時は、ひさしや霧除けを付けましょう。

また、維持費が一般的な勾配の屋根より高いこともデメリットです。

10年〜20年で防水工事をしなければなりません。

劣化が早い場合は、10年以内に補修費用もかかります。

そのため、維持費がかかることも理解しておきましょう。

 

 

今回はルーフバルコニーのメリットやデメリットについて解説しました。

新築注文住宅で取り入れたい場合もお気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Passive Design Welcomehomeでは、千葉県で創業25年。

ヒアリングを得意としお客様のご要望を丁寧にお聞きしながら一からご提案する完全自由設計。

ルーフバルコニーを取り入れた注文住宅のご相談もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせやご相談は無料です。

まずはお気軽にお電話、ご来店またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

今なら個別相談会も随時開催中です。

お気軽にお問い合わせください。

 

モニターハウス募集

モニターハウス
モニターハウス