千葉のデザイン注文住宅 ウェルカムホームロゴ

注文住宅を検討中の方へ│おすすめの階段の形状を紹介!

 

「階段の形状って何があるの?」「それぞれの形状のメリットデメリットは?」という疑問をお持ちの方はいるのではないでしょうか。

注文住宅を購入する際にどのような階段にしたら良いのか分からないですよね。

今回は、千葉で注文住宅を検討中の方におすすめの階段の形状を紹介します。

 

 

階段の形状について紹介!

階段の種類は大きく分けて5つです。

 

それぞれの階段について

 

・直階段とは

直階段とは、一般的な家で最も使用されている階段で、真っ直ぐ上がっている階段のことを言います。

 

・かね折れ階段とは

かね折れ階段とは、階段の途中が直角に折れ曲がり、L字型になっているのが特徴です。

 

・折り返し階段とは

かね折れ階段の折れ曲げをもう一度折り曲げたもので、U字型になっているのが特徴です。

 

・カーブ階段とは

カーブ階段とは、上がっていく途中にカーブを描いている階段のことを言います。

 

・らせん階段とは

らせん階段とは、柱を中心に、回りを回転しながら上昇または下降する構造が特徴です。

 

 

階段の形状のメリット、デメリットについて

 

2階建ての家を作るにあたり、階段は必要になってきます。

そのため、階段を選ぶ際おしゃれさで決めるのか、ニーズで決めるのか人によって違います。

それぞれの階段のメリット、デメリットを知っておくことで階段選びが決めやすくなるでしょう。

 

それぞれのメリット、デメリット

・直階段のメリット、デメリット

シンプルな形でスペースをあまり取らなく、直進のため家具の出入りがしやすいです。

また、足のテンポが一定のため転落しにくい。

その反面、踊り場などが作りにくく、一度足を踏み外すと下まで落ちてしまいます。

 

・かね折れ階段のメリット、デメリット

L字型で踊り場があるため一度足を踏み外しても途中で止まり安全です。

その反面、折れ曲がる分の面積が必要になり、直階段に比べコストが高いです。

 

・折り返し階段のメリット、デメリット

かね折れ階段同様、足を踏み外しても一気に落ちることがないので安全です。

その反面、かね折れ階段よりも面積を必要とし、大型家具の出入りが困難です。

 

・カーブ階段のメリット、デメリット

一般住宅とは違い高級感を演出し、大型家具の出入りがしやすいです。

その反面、一度足を踏み外すと下まで転び落ちてしまいます。

 

・らせん階段のメリット、デメリット

おしゃれ感が出て、家の雰囲気が変わります。

その反面、形が複雑のためコストが高くなり、足のテンポが一定でないので、踏み外しやすいです。

 

 

まとめ

 

今回は、おすすめの階段の形状を紹介しましたが、階段に使えるスペースなどは人によって違うので、自分がどのような階段が良いのかそれぞれのメリットデメリットを考慮して決めるのが良いでしょう。

資料請求・ダウンロード

Document

おすすめ情報

Pickup

モデルハウス モニターハウス こどもみらい住宅支援事業

店舗情報

Shop

店舗情報Shop

店舗

心地よいショールームで、ゆったりと打ち合わせ

〒284-0016 千葉県四街道市もねの里1-2-18
営業時間9:00~17:30(毎週水・木定休)

043-420-0030

四街道I.Cより車で1分(駐車場完備)

対応エリア

Area

対応エリアArea

エリアマップ

上記以外の市町村でも対応可能な地域、また上記であっても対応が困難な地域がございます。
希望される地域が対応可能かどうかお調べすることも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

佐倉市モデルハウス