SE構法とは

耐震性が必須な日本の家づくり

家づくりを始めようと思ったとき、まず頭に浮かぶことはみなさんどんなことでしょう。外観デザイン?間取り?予算?いろいろな楽しいこと、不安なことが出てくるのではないでしょうか。しかし、まず忘れてはいけない要素は「安全、安心」です。つまり、家自体の構造がいかに安全で安心できるものなのかということです。

日本は地震大国です。世界の全陸地の1/400の日本列島に世界中のマグニチュード6以上の大地震の22%が集中しています。日本列島は太平洋、北アメリカ、ユーラシア、フィリピン海の4つのプレートの境界に位置し、約2,000の活断層の上にあります。日本に建つ住宅は、確率的に一度は大震災に会うものと想定されています。建てる側にも、住む側にも、それを見越した家づくりが求められます。

鉄骨造やRC造の主流だった構法を、
木造住宅に取り入れた

柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくりあげる。従来、鉄骨造やRC造で主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れたのがSE構法です。


ラーメン構法は極めて信頼性が高く、歴史的な蓄積も多いことから、20世紀以降の近代構法の主役ともいうべき役割を果たしています。しかし、鉄やコンクリートといった強度計算のできる均質な部材を前提としているため、日本の木造住宅にラーメン構法を取り入れようという発想は、存在しませんでした。それは、地震大国日本において、日本人が最も住みたいと願う「木の家」に、必要な耐震性を確保する構法が存在しないことを意味していました。

SE構法が実現したのは、住む人の安心と安全。地震に負けない強さと、木造の美しさの両立です。

計算で保証される安心安全の”木構造”

パッシブデザインで快適性を生み出し、耐震構法SE構法で家そのもの、そして住む家族を安全に守ることができる。これこそがPassive Design Welcome homeが目指す家づくり、お客様に自信を持ってご提案ができるのです。

「パッシブ×SE」という考え方を皆様の家づくりに生かしたいと思います。そして、実は耐震構法SE構法はパッシブデザインすすめるうえで最適な構造なのです。

「パッシブデザイン×耐震構法SE構法」

Passive Design Welcomehomeではパッシブデザイン×耐震構法SE構法を標準採用しています。それは家の基本である「安全」と「快適」を根拠をもって実現するためです。

家そのものが快適性を生み出す為には、建物の構造自体にもさまざまな工夫が必要となります。 例えば、これまでの木造では難しかった南側全面を開口部にすることで、冬には太陽熱をたくさん家の中に取り入れられ、暖房に頼らず暖かく生活することができます。また、SE構法ならではの大きな吹抜けを設けることで最大限の明るさが実現できるため、開放的で昼間照明を点けなくてもよい間取りにできます。建物の強度を損なうこともなく、「快適さ」を求め、かつ、「安全性」を確保できるのです。

耐震構法SE構法は構造計算に基づいた「安全性」のある木造ラーメン構造であるため、パッシブデザインの快適性や自由度を求めた設計に最適な「木構造」なのです。

SE構法について、
もっと詳しく知りたい方はこちらをお読みください

SE構法ガイド