パッシブデザインガイド

1.最初に、お伝えしたいこと

「パッシブ」と「アクティブ」

パッシブ(passive)とは「受動的な」という意味です。

アクティブ(active)「能動的な」の反対語です。建築でのアクティブとは、電気やガスなどの地球の有限なエネルギーを使って快適な空間をつくるやり方です。

これに対し、パッシブデザインは自然エネルギーの利用を第一に考える設計です。自然エネルギーを受け止め、それを建物の中で働かせて、快適な空間をつくります。パッシブデザインをうまく機能させるのには自然エネルギーを知り、建物に様々な工夫が必要となります。

現代建築にはアクティブも必要ですが、まずはパッシブを優先し、不足分をアクティブで補うことが私たちの家づくりです。

目次へ戻る

「暑い、寒い、暗い、風が通らない」は、今建てる家では感じない?

夏、家の中が暑いのは、室内に外から熱が入ってくるからです。涼しい風を入れれば、身体も家も冷やされて涼しくなります。

冬、家の中が寒いのは、室内の熱が外に逃げていくからです。晴れた日には家の中に日射を入れると暖かくなります。

昼間でも暗くなってしまうのは窓などの設計が悪いからです。

最近建築した家でも、売り手主導の建売住宅をはじめとして、夏暑い、冬寒い、昼間でも暗い、風通しが悪い…こんなストレスを抱えて暮らす家がまだ多いのが現実です。

断熱性能が改善されて、家の内部と外部で熱が逃げていくという点は良くなりましたが、快適という点で満足できる住まいになっている家はまだまだ僅かです。

頑張って注文住宅にしたのにストレスが多くて…と後悔しないために、パッシブデザインを検討していただきたいと思います。

目次へ戻る

設計のやり方が胆

私たちが提供するのはハード主体の住宅ではなく、パッシブデザインという設計手法で造る家です。

古来より、四季がある日本の家は、自然とうまく付き合う住宅でした。

しかし、電気やガスなどの便利で安いエネルギーが普及することで、伝統的な住宅の技術は淘汰され、膨大なエネルギーを消費する設備に頼って暖房・冷房する暮らしになってしまいました。

パッシブデザインは四季を通じて心地よいことを目指す設計手法であり、かつ、自然エネルギーを利用するため省エネルギーで光熱費が減ります。建物そのものが快適をつくり出すので、エアコンなどに頼ることが少なくなるためです。

地球温暖化、化石エネルギーの枯渇などの問題が次々と出てくる中、伝統的な住まいの工夫に最新の技術を加えて「冬暖かい・夏涼しい・風が通る・明るい」のすべてを実現しようとするのがパッシブデザインです。

目次へ戻る

設備よりも、箱をきちんと作る

太陽光発電は優れた省エネ設備です。

しかし、太陽光発電を設置しても必ずしも心地よい住まいにはなりません。太陽光発電はあくまで発電装置だからです。心地よさは室内の温熱環境できまるのであり、それよって住まいの満足度は大きな差が出ます。

例えば、断熱をしっかり設計することで、冬には家全体で暖かさを保てます。窓の設計で、冬の晴れた日に日射がたくさん入るようにしておけば、晴れた日は1日中ほとんど暖房が要らないというような住まいにすることも可能です。逆に、夏には外から入ってくる熱を最小限にし、日射をコントロールしながら、通風を確保すれば最小限のエアコン利用で快適な住まいを実現できます。

箱をちゃんと作っておけば、その建物がある限り心地よさはずっと続きます。設備に頼って暖房・冷房するような家では、その設備が壊れたら心地よさとはお別れです。設備機器は何年後かに必ず壊れます。

家づくりでは、何にお金と時間をかけるべきか?答えは明確です。

目次へ戻る

2.パッシブデザイン3つのメリット

快適な住まいになる

冬暖かい、夏涼しい、風通しがいい、明るい

パッシブデザインではすべてが実現されます。

快適な家になれば、365日24時間我慢することなく、ストレスなく過ごせるようになります。

目次へ戻る

健康な住まいになる

室内温度は健康に大きな影響を与えます。

日本では宅内の温度差に起因する事故で年間1万人以上の人が亡くなっており、アレルギーなどもまた室内の温熱環境が原因とされています。夏には、家の中にいながら熱中症で命を落とす人がいます。

パッシブデザインは冬暖かく、夏涼しくをかなえることで、快適性が高いだけでなく、健康な住まいを実現します。

目次へ戻る

光熱費を減らせる

パッシブデザインは建物のあり方を工夫することで、冬暖かく、夏涼しく、風が通る、明るくを実現します。

パッシブデザインは建物のあり方を工夫し、自然エネルギーを利用することで、冷暖房機器・照明機器の使用量を最小限にする建物を目指します。当然、光熱費は少なくなります。

パッシブデザインなら、設備機器にたよらない快適と設備機器によらない省エネを同時に実現する住まいをかなえることができます。

目次へ戻る

3.こころも体も健康になる

我慢というストレス

家は幸せになるための道具であり、やすらぎの場所です。決して寒さや暑さの我慢をする精神修養の場所ではありません。

パッシブデザインなら最小限の冷暖房で快適に過ごせ、我慢から解放される家になります。

生活する中でのストレスをなくすことで、まず、精神的な健康を保ちましょう。

目次へ戻る

具体的に健康を手に入れる

最近の研究で、断熱性能を向上させると、様々な疾病が改善されるいうことがわかってきました。

各種疾患の改善率と点y越した住宅の断熱性能の関係

この研究は、約2万人に疾病に関するアンケートを取り、疾病があった人について転居後にその疾病がどう変化したかを調査したものです。

断熱グレードが3→4→5に進む(性能が高くなる)程、疾病改善レベルが高くなります。ちなみに現在の省エネルギー基準は断熱グレード4です。

例えば気管支喘息は、断熱グレード3の家に転居したことで、60%弱の人が症状が出なくなったと答え、断熱グレードが5になると改善の割合は70%にまで増加しています。

疾病原因は、冬のLDKや寝室の最低気温の影響が大きいのではないかと言われています。冬暖かい家にすることで具体的に健康になるのです。

また、毎年夏になると家の中で熱中症になることが話題になります。そもそも暑くなってしまう家で、節約のためにエアコンをかけないでいることが原因です。

涼しく住める家にしておけば、こんな問題は発生しないはずです。

目次へ戻る

車を運転するよりも危険な入浴

交通事故などは報道されますが、実は、住まいが原因で亡くなっている人がたくさんいます。このうち入浴中に交通事故よりも多い人が命を落としているというデータもあります。

この原因の多くは冬場のヒートショックと呼ばれるもので、暖かい部屋→寒い脱衣室:血圧上昇→寒い浴室:さらに血圧上昇→湯船に入る:血圧が急激に低下という状況によって、心臓麻痺や脳梗塞になってしまいます。特に高齢者が多いです。

問題は家の中の温度差にあります。温度差が小さくなれば血圧の変化も小さくなり、ヒートショックはかなり防ぐことができます。

パッシブデザインでも断熱は基本かつ重要な仕様です。断熱性能を高めることで宅内の温度差を小さくします。

きちんとしたパッシブデザインでヒートショックを防ぎ、豊かな入浴タイムが実現できます。

目次へ戻る

4.パッシブデザインのポイント

高断熱・高気密住宅とパッシブデザイン住宅との違い

欧米の影響で、国も新築住宅の断熱性能を高める施策を積極的に取り、断熱性能が低かった日本の家も、ようやく断熱性能の改善がされるようになってきました。

高断熱・高気密住宅をアピールする住宅会社も増えました。とても良いことだと思います。

ただし断熱性能が高いだけで快適・健康な住宅にはなりません。

断熱性能を高めることによって、冬の室内環境は大きく向上しますが、野放図に断熱性能を上げてしまうと夏暑くなるという現象が現れます。

また、断熱性能の向上と風通しや明るさとは無関係です。むしろ、単純に建物全体の断熱性能を上げるならば窓は少ない方が有利なので、風通しや明るさは悪くなってしまいます。

パッシブデザインは冬暖かく、夏涼しく、風が通る、明るくのすべての実現を目指します。四季を通じて快適・健康を実現させたいなら、断熱性能のことだけを考える家づくりは片手落ちと言わざるを得ません。

目次へ戻る

プチ・パッシブデザインとの違い

パッシブデザインには明確なグレードは存在しません。

何をしたらからパッシブデザインと呼んでいいという決まりがありません。

ですから、ちょっとパッシブデザイン風なことをやっている家をパッシブデザイン住宅と呼んでも、ウソにはならないのです。

弊社は、データ化と現地シミュレーションを行うことでより精度の高いパッシブデザイン住宅を提供しています。

冬暖かい、夏涼しい、風が通る、明るいを最大限に実現させようとする場合、そこに関わる要素は多岐にわたります。

例えば敷地の周りにある建物。この状況によって冬場の日当たりや明るさの確保をどうすれば良いかが変わってきます。

また、地域の気象条件(気温、日射量、風向きなど)によっても、目指す家づくりは変わってきます。

こうした外部の条件と建物の断熱性能や窓の配置などの組み合わせによって、その家がどれくらい冬暖かい、夏涼しい、風が通る、明るいかを検討するとき、勘や経験だけでは無理なお話です。

弊社では、シミュレーションツールを用い、その結果を検証しながらプランを進めていきます。データ、数値をもって、お客様が納得できる家づくりができます。

つまり、フル・パッシブデザインを実現させることができるのです。

目次へ戻る

結果と使い方の検証

パッシブデザインは、住み始めてから如何に快適に過ごしているかもとても重要なことです。

シミュレーションと実際の比較は、住み方の検証や今後のデザインの向上にもつながります。

お客様にHEMSなどの計測器を設置し、結果(温度やエネルギー消費量)に関する調査についてのご協力をお願いし、データの分析に取り組んでいます。

目次へ戻る

5.5つのデザイン要素

冬暖かい、夏涼しい、風が通る、明るいを実現するための要素

  1. 断熱のデザイン
  2. 日射遮蔽のデザイン
  3. 自然風利用のデザイン
  4. 昼光利用のデザイン
  5. 日射熱利用暖房のデザイン

目次へ戻る

6.省エネルギー

暖房、冷房、照明エネルギーを減らす

パッシブデザインは建物そのものの工夫によって冬暖かい、夏涼しい、風が通る、明るいをつくり出すので、暖房、冷房、照明に必要なエネルギー消費量を減らすことができます。

家庭内でエネルギーが消費されるのは暖房、冷房、給湯、照明、換気、家電、コンロの7つの用途です。

パッシブデザインは冬暖かい、夏涼しい、風が通る、明るいを実現させながら、7つの用途のうちの3つのエネルギー消費量を減らすことができます。

目次へ戻る

ゼロエネルギー住宅の是非

国は家庭部門の省エネルギーを進めるために、ゼロエネルギー住宅の大幅な普及を計画しており、2020年にはZEH(ゼロエネルギーハウス)を新築住宅の50%に、2030年には「新築住宅の平均でZEH」にしようとしています。

そのために、2016年度にはZEHの要件が定義され、補助金制度も充実してきました。ZEHの要件を満たすために必要なことを簡単に言えば、建物や設備の工夫によって一定にエネルギー消費量を減らしながら、太陽光発電を設置して、そのエネルギー消費量を相殺させれば良いということになります。

新築住宅を建てる方にとってZEHにするメリットは「補助金がもらえる(可能性がある)」「光熱費が安くなる」ということです。

ZEHの要件のひとつに「平均的な住宅よりも断熱性能を一定に上げること」という内容もあるので、「ある程度断熱性能が高い家が得られる」というのも加えてもよいかも知れません。

ここでの問題は「ZEHにしたからといって、四季を通じて快適な家が得られるとは限らない」というところです。

弊社もZEHには前向きですが、補助金のためにZEHをつくろうとは思っていません。

弊社が目指すのはパッシブデザインをベースにしたZEHをつくるということです。

適切なパッシブZEHには冬暖かい、夏涼しい、風が通る、明るいという住まいに最も大切なメリットが得られ、補助金獲得、光熱費の大幅削減ができ、省エネルギーという社会貢献もできます。

目次へ戻る

7.パッシブデザインのデメリット

建築費が増える

建築費用
  • 建築時の費用だけで考えず、家づくりも生涯コストで考える
  • 生涯コスト=住宅価格+光熱費-削減医療費

目次へ戻る

住み方の工夫が必要

  • ルーバー・ブラインド・カーテン等による日射遮蔽の調整
  • 自然風利用する窓の開け閉め
  • 使用家電の選択

目次へ戻る