注文住宅の床材の種類や選び方を徹底解説!千葉で暮らそう!

 

「床材はそもそもどんな種類があるのかわからない」、「何を基準に選べば良いのかわからない」といった方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は千葉にお住まいの方へ向けて、床材の種類と選び方を解説していきます。

 

 

床材の種類


 

ここからいくつか床材の種類を見ていきましょう。

まず、ご紹介するのは無垢材のフローリングについてです。

フローリングの場合、自然な木材であるといわれるのは無垢材無であり、垢材以外の素材でよく使われるのが集成材と呼ばれます。

無垢材は丸太から切り出した自然な状態のままの木材のことであり、合成されたものではありません。

無垢材のフローリングは、なんといっても木目や天然の風合いが魅力でしょう。

よく使用されるのはサクラやブナ、ナラなどの広葉樹や、スギやヒノキなどの針葉樹です。

肌触りがやさしく、調湿、保湿性に優れています。

時間が経つと傷ができたり色が変わったりしても、独特の味を感じます。

肌触りも良く、冬場に裸足で歩いたとしても暖かさを感じる点が人気の理由と言えるでしょう。

次にご紹介しますのは複合フローリングについてです。

複合フローリングとは、基材の表面に化粧シートを貼り合わせた床材のことです。

化粧シートには木目模様などが印刷されており、複合フローリングは一般的な住宅の主流となっています。

無垢材と違い湿度に左右されないので、反ったり割れたりということはありません。

また、飲み物などをこぼした場合でも掃除がしやすく、小さい子供がいる家庭でも安心して使用できます。

しかし、無垢材のような調湿・保湿効果は少ないのでご注意ください。

風合いや色合いを楽しむというよりは、利便性やコスト面で優秀な素材のため、床材にはなによりも利便性やリーズナブルさを求めている方にはおすすめです。

 

 

床材の選び方

 

床材はすべて統一する必要があると、思い込んではいませんか。

床材は使い分けるのもおすすめです。

場所によって、使用頻度や使い方は同じではありません。

使用場所に合った床材を選びましょう。

例えば、トイレや洗面所、脱衣所ではクッションフロアが水に強くて、おすすめです。

他にはキッチンはクッションフロアやフローリングが向いています。

 

 

まとめ

 

今回は床材の種類や選び方について解説しました。

床材の種類ごとの特徴についてご理解いただけましたでしょうか。

この記事を参考にしていただき、適した床材をご検討ください。

当社ではお問い合わせを随時受け付けておりますので、気軽にご相談ください。