千葉の方必見!注文住宅でのトラブルについて解説します!

 

念願のマイホームを購入するのは、誰にとっても心躍るものですよね。

しかし、住宅の工事期間中や施工後にはトラブルはつきものです。

気持ちよく住宅を受け取り、生活を始めるためにも、住宅のトラブルについてあらかじめ調べておくことは重要です。

今回は千葉にお住まいの方に注文住宅のトラブルと防止法をご紹介します。

 

 

施工中のよくあるトラブルとは

 

住宅の施工途中によくあるトラブルとしては、近隣住民からのクレームが挙げられます。

具体的には工事中の騒音トラブルや施工中に発生するほこりや木くず、工事車両が道を妨げているなどさまざまです。

それは工務店の問題だろうと考える方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに、こうした問題のほとんどは施工会社の問題なのですが、住宅が完成してからそこに住むのはお客様自身です。

近所で肩身の狭い思いをしないためにも、近隣住民との関係は良好に保っておきたいですよね。

こうしたトラブルを防ぐには、工事が始まる前に近隣住民に挨拶に回るのが効果的でしょう。

不便をかける旨を事前に伝えられると、何も告知されないよりかは印象が良いでしょう。

工期が伸びてしまう時も同様です。

その理由とどれくらい伸びるのかを前もって伝えることで、クレームを受ける可能性は低くなります。

注文住宅の施工が始まる前からご近所付き合いが始まると考えると良いかもしれません。

 

 

図面や書面をよく確認する

 

トラブルが生じるのはお客様と近隣の住民の間だけではありません。

施工業者と家の間取りや外観を巡って、衝突することがあるかもしれません。

注文住宅の購入前には、必ずお客様と施工業者の間で設計の確認や工事の手法を、図面や書面を提示しながら行うものです。

ここで疑問点や不明確な箇所は、必ず設計士や担当の業者に尋ねるようにしましょう。

業者との打ち合わせが終わった後に、もう一度家で確認することを推奨します。

家でじっくり時間をかけて読み直すことで、新たな疑問点が浮かんで来るかもしれません。

工事がひとたび始まってしまえば、どのような理由であれ各箇所の寸法やオプション設備の位置は変更が難しいです。

変更ができたとしても、工期が延びて追加の料金を請求されることも考えられます。

トラブルを未然に防ぐためにも何重ものチェックは欠かせません。

 

 

まとめ

 

今回は千葉にお住まいの方に、注文住宅にまつわるトラブルとその予防策をご紹介しました。

施工前から工事が完了するまで、注文住宅ではなかなか気が抜けないものです。

しかし、トラブルに巻き込まれないための取り組みは不可欠です。

気持ちよく新しい家での生活を始められるようにしたいですね。