子供部屋の間取りは?広さは?新築一戸建てで子供部屋を検討している方へ

こんにちは。

Passive Design Welcomehomeです。

 

「子供部屋の間取りはどうすべきか。」

「子供部屋に適した広さはあるのか。」

このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

子供部屋に適した間取りや部屋の広さについては悩むことがあると思います。

そこで今回は、千葉県で新築一戸建てで子供部屋を検討している方へ、子供部屋の間取りや広さについて解説します。

 

 

子供部屋に適した間取り

 

日当たりを考えた間取りにする

子供部屋の間取りを考える際に日当たりを考え決めるとよいでしょう。

一般的に子供部屋は日当たりが悪く、暗くなりがちです。

そのため、日当たりを考え間取りを決めることで開放感を持せられ、快適な生活が送れるでしょう。

 

子供と会話しやすい間取りにする

子供部屋の間取りを決める上で重要なことは会話しやすい間取りにすることでしょう。

子供が小さい頃は特に子供との会話をすることが重要です。

そのため、子供部屋がリビングの近くにあるなど、子供部屋に行く際に会話ができるような間取りにすることがおすすめです。

また、子供と会話しやすい間取りにすることで必然的に親が普段生活する部屋と子ども部屋が隣接します。

そのため、子供の様子を確認する際の移動の手間も省けるでしょう。

 

音環境を考えた間取りにする

子供部屋の間取りを考える上で意外と重要なことは音環境を考え間取りを決めることです。

子供が小さい頃は騒ぎ声が聞こえやすく、子供が成長すると受験等が控えているため周囲の物音に敏感になりやすいです。

そのため、子供部屋の間取りは周囲に音が響きにくく、周囲の音が聞こえにくい間取りにすることが必要でしょう。

 

子供部屋に適した部屋の広さ

子供部屋にも適した部屋の広さが存在します。

子供部屋に適した部屋の広さは一般的に1人当たり6畳が適していると言われています。

そのため、6畳の広さがあることで子供が小学生等の小さい頃から高校生や大学生までの生活を十分に行えるでしょう。

6畳の広さを設けることで生活の変化に対応でき、子供に必要な勉強机等の家具の設置も可能です。

また、6畳よりも狭い部屋の場合でも設置する家具を工夫することで、子供の成長に合わせた変化にも対応できるでしょう。

その他にも狭い部屋の場合は子供が自分自身で部屋を有効活用できるよう考えるきっかけにもなるため、6畳の広さを必ず確保する必要はありません。

 

 

人生で大きな買い物になるだろう、マイホーム。
失敗したくない、納得できる家づくりをしたいですよね。

千葉県で創業25年のウェルカムホームの注文住宅は、ヒアリングを得意とし

お客様のご要望を丁寧にお聞きしながら一からご提案する完全自由設計。

収納スペースも納得するまで検討します。

お問い合わせやご相談は無料です。

まずはお気軽にお電話、ご来店またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

今なら個別相談会も随時開催中です。

お気軽にお問い合わせください。

モニターハウス募集

モニターハウス
モニターハウス