パッシブデザインのすすめ① 『家のつくりは夏をむねとすべし』

『家のつくりやうは夏をむねとすべし。

 冬は、いかなる所にも住まる。

 暑きころわろき住居は堪えがたきことなり』

              徒然草 吉田兼好 1283~1352年

 

600年以上前に吉田兼好が綴ったこの言葉に象徴されるように、

日本の家づくりは古来、通風を重んじ、断熱気密を軽んじてきました。

日本の蒸し暑い夏を乗り切るために、家の中に風を通す。

冬は局所暖房と着込むことで、我慢と辛抱で春を待つ。

江戸時代の木と粘土と紙などで造られた家に、断熱性能と気密性能を求めるのは無理なことですが、

技術が発達し、先進国となった近代でも欧米との性能の差は改善しませんでした。

 

Passive Design Welcomehome

山本雅之

モニターハウス募集

モニターハウス
モニターハウス