2017年3月10日
住宅総合展示場
家づくり豆知識

家をたてたいなぁと考え始めたら、まず、

行ってみようかと思う住宅総合展示場。

実際に、弊社のお客様の多くが一回は来場されているようです。

slider_image_03[1]

家ここ 新築は、そこにモデルハウスは持ちません。

お金がなくて、出せないのではなく、あえて出展しないのです。

弊社にも、出展依頼が何度かきました。

でも、お断りしています。

理由は、その経費がもったいないからです。

月に数百万円もかかる費用は、お客様が支払った建築費から出ているのです。

お客様から頂いたお金は、お客さまのために使いたい。そう思うからです。

もちろん、お客様に知っていただく広告や資料の経費は必要です。

しかし、できるだけ抑えて、必要最低限でと考えます。

家ここ 新築

山本雅之

2017年2月24日
資金計画 その7
家づくり豆知識

マイホームづくりのための3要素、土地・建物・お金の中で

お金についてのお話をします。

今回は住宅ローンの諸費用について、詳しく話します。

住宅ローンには、いろいろな諸経費が必要となります。

事務手数料、保証料、団体信用生命保険特約料、

印紙税、登記関係の費用、火災保険料などがあります。

その後も、場合によっては繰り上げ返済手数料、金利タイプ変更手数料などが必要になります。

保証料とは、銀行が保証会社に保証をつけるために必要な費用です。

融資の前提条件としている銀行が多いです。

万が一借りた人がローンを支払えなくなった際に、

保証会社にローンを肩代わりしてもらうために必要な保証のこと。

一括で払う「外枠方式」と金利に上乗せして払う「内枠方式」があり、

借入額の0.2%というのが相場です。

銀行で違うので、比較検討する必要。

事務手数料とは、住宅ローンの貸付にかかわる手数料のこと。

都市銀行は事務手数料が31,500円のところが多く、

ネット銀行は借入額の2.1%を採用しているところが多い。

保証料と事務手数料は銀行ごとに違い、

傾向として都市銀行や地銀などは、

事務手数料を数万円に安い代わりに保証料を高く設定し、借入額の2.1%という金額。

ネット銀行は、

保証料を無料にする代わりに事務手数料を借入額の0.2%に設定。

どちらもほぼ同じ費用が利用者から支払われる仕組みになっています。

裏事情ですが、

保証料は途中で住宅ローンの借り換えを行った際に戻ってくるお金であるのに対し、

事務手数料は借り換えをした際には変換されないお金。

銀行側すると、保証料でもらうよりも、事務手数料でもらった方が儲かるのである。

そのことに気づいたネット銀行は、

保証料より事務手数料を高くしたようです。

住宅ローンは借りる前に、金利だけでなく諸経費も比較しましょう。

yjimageP1O74PNE

家ここ 新築

プロデューサー 山本雅之

 

2017年2月3日
エコ住宅への建替えに対する補助金
家づくり豆知識

2017年になり、国から新たな新築住宅建築への補助金が出ることになりました。

その制度とは、耐震性のない住宅を省エネ性能の高い住宅に建替えた場合に、

国の支援が受けらるというものです。

耐震性のない住宅とは、旧耐震基準で建てられた住宅をいいます。

具体的な例でいうと昭和56年5月31日以前に建築確認された住宅などをいいます。

なんと、補助額は住宅の省エネ性能により異なりますが、30万円~50万円/戸となります。

結構な金額ですね。

エコ住宅の建築工事完了期限:遅くとも平成29年12月31日まで
補助金交付申請受付期間:遅くとも平成29年6月30日まで

手続きは建築業者が補助金の事務局に事業者登録の手続きを済ませた日以降に行う必要がある。

など、詳細はおたずねください。

すまい給付金の制度との併用も可能ですので、

対象の方は最低でも60万円が支給されることになりますね。

l_054[1]

家ここ 新築

ハウジングプロデューサー

山本雅之

2016年12月27日
税制優遇
家づくり豆知識

2016年もあとわずかになりましたね、

新年に向けての準備はできていますでしょうか。

長期優良住宅は皆様もご存じだと思いますが、

ストック活用税制の象徴の一つとして

長期優良住宅化リフォームを対象とした

税制優遇措置が創設されました。

一定の条件により、所得税が最大625,000

控除されたり、固定資産税も最初の年が

2/3減額されたりするようです。

リフォームを検討されている方には良い情報ですね。

家CoCo新築 有久

061

 

 

 

2016年12月2日
空き家
家づくり豆知識

yo_01

最近よく聞くことがあると思いますが、昨年の空き家数が凡そ820万戸で

空き家率(総住宅数に占める割合)は,13.5%になるそうです。

ご両親が亡くなりご実家に住む方がいなく、そのままになっていたり等

色々なケースがあるかと思いますが、そういった建物を有効にいかす為の対策を

国や自治体、企業が動いております。

シェアハウスや、イベントの場にしたりと面白い企画もあるようです。

弊社でも、リノベーションをして賃貸物件としていかしていくなどの

ご提案もできるかもしれませんので、ご要望があれば一度聞く価値はあるかもしれませんよ

家CoCo新築  有久

003

 

1 / 512345

家づくりで後悔しないための“家づくり家づくりで後悔しないための“家づくり”ABC

  1. 住宅業界の不思議住宅業界の不思議
  2. 家づくりのステップ家づくりのステップ
  3. 家づくりの費用家づくりの費用

見学会参加申込み資料請求お問い合わせ店舗紹介